インフラエンジニアコースの

カリキュラム

  • 業務内容/キャリアパスを知る

    インフラエンジニアというあまり知られていない仕事を目指す上で、業務内容とキャリアパスを把握することは重要です。「どんな仕事をするのか?」「どんな能力が身に付くのか?」「将来どうなれるのか?」を知ることで、入社後のミスマッチを減らすことができます。

  • 関連資格の学習

    (ITパスポート/CCNA)

    IT業界で働く上での基本中の基本となる知識を問う国内資格である「ITパスポート」をまずは学びます。その後、インフラエンジニアとしての登竜門「CCNA」を学習することで、アピール材料が手に入るだけでなく、自信を持って選考に臨むことができます。

  • 実機研修

    (ルーティング)

    座学でITインフラについて学んでも、業務イメージは湧かないもの。そこで特に重要な「ルーティング」に関して、実際に実機を使って学ぶことができます。実機に触るという経験を通じて、業務イメージもより鮮明になり、より資格の勉強にも身が入ります。

  • CCNAとは

    インフラエンジニアの登竜門的資格。世界最大手のネットワーク機器メーカーCisco Systems社による技術者認定資格の一つ。

    中小規模のネットワークの構築・管理・運営や、同社製のルーターや機器を利用した単純なネットワークの導入・設定・トラブルシューティングができる能力を認定する。同社の資格の中では最も初歩的なものの一つ。近年のネットワーク機器の需要の爆発的な増加により、取得者も増えている。より上位の資格にCCNPとCCIEがある。

ABOUT : 

Infrastructure Engineer
Course

RECRUITMENT SERVICE

​株式会社 JoBup

〒120-0034 東京都足立区 千住2丁目51 丸岡ビル1F

INFROMATION

Copyright © JoBup Co., Ltd. All Rights Reserved.